ラブグラはお手頃な価格が嬉しいポイント

幸せのカップル

ラブグラは男性の勃起不全を改善するために開発されたバイアグラと同じ成分を使用した、女性用のバイアグラと呼ばれ、性交痛や不感症を解消するための医薬品です。
ラブグラの主成分であるシルデナフィルが、女性器周辺の血管を拡張して血流を良くすることで、膣分泌液の量を増やして潤いを与え、挿入時の痛みを軽減させたり、性行為での満足感を高めてくれます。
媚薬と言った類ではないので、性欲を増強させるような働きは持っていませんが、夜の営みが淡泊で味気ないという夫婦には期待できる商品です。
日本では認可されていないのですが、ラブグラは個人輸入の通販で購入することができます。
こちらはインドの製薬会社が開発した医薬品となっていることから、ジェネリックに分類されるような販売価格となっています。
ラブグラのパッケージは一番小さいのでひと箱4錠入りとなっていて、個人輸入代行サイトでの取り扱いの平均相場は2,000円となっています。
つまり1錠単価でいうと500円となるのですが、シルデナフィルが100mgと一般成人では多すぎる用量となっていることから、使用時にはピルカッターなどで半分か4分の1に分割する必要があります。
半分の50mgで使用しても4錠で8回分となり、1回の使用にあたる単価としては250円で済むことになります。
まとめて買えばさらにお得な値段となるので、頻繁に使用する可能性があれば、ひと箱20錠入りのパッケージを購入するのも良いかもしれません。
価格が安すぎるため採算が取れないせいか、偽物が出回っているという話はありませんが、個人輸入では偽薬を販売する悪徳業者もいるので、信頼できるサイトかどうかしっかりと見極めてから購入するようにしましょう。

関連記事
サイト内検索
人気記事一覧